不動産担保ローン の限度額や増額方法は?

不動産担保ローン の限度額や増額方法は?

 

不動産担保ローンの魅力の1つとも言えるのが高額な融資限度額にあります。
土地や建物など不動産を担保に入れることで保証となりますので、これによって高額な融資限度額も設定も可能となっています。
では具体的に不動産担保ローンの限度額はいくらぐらいになるのでしょうか?
今回は不動産担保ローンの限度額について解説していきます。

 

不動産担保ローンでは土地を建物など担保に入れる不動産が必要となります。
一方で無担保ローンは担保が必要ありませんので、その分気軽に融資を受けることができます。
無担保ローンはその気軽さが魅力といえますが、新規申し込みされた方は信用力にもよりますが融資限度額は多くても30万円〜50万円程度になることが多いです。

 

ですが不動産担保ローンの場合は不動産の評価額に応じた限度額が設定されます。
不動産は高額な物件であることがほとんどですから、その分高額な融資を受けることができます。

 

高額な融資を受ける上で懸念されるのは返済かと思います。
当然のことながら融資限度額が高くなれば返済負担はその分大きくなります。
しかも返済期間が短ければ月々の返済額は高額となり場合によっては返済ができない月も出てくる可能性があります。
ですが不動産担保ローンの場合、長期返済を前提としていますので、高額な融資を受けたとしても月々の返済は無理なく支払いできるようになっています。

 

不動産担保ローンなら万が一返済ができなくなったとしても、担保に入れていた土地や建物を売却することで返済に当てることができます。
不動産担保ローンは高額な融資限度額に加えて使い道が自由ということで、複数社のローンのおまとめローンとして利用される方も多いです。
おまとめローンというと普通は銀行のおまとめローンを利用する方が多いかと思いますが、大きな負債を複数抱えている場合ですと限度額が足りないなど普通の借り換えローンではおまとめできない可能性もあります。

 

ですが不動産を担保にしたローンであれば億単位の融資を受けることもできます。
ですから高額な負債を複数抱えていた場合でも頼り頼りになる存在といえます。

 

不動産担保ローンの融資限度額は銀行や各金融業者によって異なります。
金額にして3000万円〜10億円までとかなり大きな幅があります。
一般的な金融機関ですと1億円が最高融資額となることが多いです。
ただ先にも申し上げた通り不動産担保ローンの融資限度額はあくまでも不動産の価値に応じて決まります。
仮に不動産担保ローンを申し込みしようとしている金融機関での最高融資限度額が一億円だとしても、担保に入れる不動産の価値が一億円以上でなければ、一億円を借りることはできません。

 

不動産担保ローンの限度額は先にも申し上げた通り担保となる不動産の価値に応じて決まります。
ですから融資実行後に限度額の増額をするというのはできません。

 

カードローンは利用者の返済能力と信用力が上がることで上限金額を上げることができますが、そもそも不動産というのは年月が経過するごとに資産価値が上がるものではありません。
ですからそれに応じて限度額を増やすということはできないのです。

 

ただし融資実行時に当初予定していた金額よりも増額されて融資実行されるケースもあります。
例えば担保となる不動産は一戸建ての住宅であれば、土地や建物の登記簿謄本や構図、分譲マンションであれば建物の登記謄本や間取り図などを参照して大体の不動産担保査定評価を出して、簡易的に不動産担保融資可能金額を提示します。
そして担保不動産の使用状況によっては当初の予定した融資希望金額よりも増額となる可能性もあるのです。
逆に担保の使用状況によっては大幅に減額されることもあります。

 

建物の使用状況が良好であれば、土地の不動産担保評価金額に建物の担保査定評価を上乗せして融資希望金額が増額されるという事例もあります。
ですから融資実行時に当初予定していた金額よりも総額されて融資されることもありますが、融資実行後に限度額の増額ということはできません。