不動産担保ローンどこがいい?銀行審査比較 低金利で借りれるおすすめは

不動産担保ローンどこがいい?銀行審査比較 低金利で借りれるおすすめは

 

 

 

・ビジネクストの融資額1万円から1000万円
・原則無担保無保証で自由に借り入れ
・年会費、保証料無料
・来店不要で返済も全国の銀行、提携ATMで返済可能
・審査もスピーディ

 

 

 

不動産担保ローンの利息、金利についてのまとめ

 

まとまった金額のお金が必要になったとき不動産担保ローンは非常に便利です。

 

お金を借りるとなったときカードローンで検討する方も多いかと思いますが、カードローンでは十分な額は借りられませんし金利も高いのがデメリットといえます。

 

そのようなときに役立つのが不動産担保ローンです。

 

土地や建物など不動産を所有している人にぜひ検討してもらいたいローンの1つです。

 

ここでは不動産担保ローンの魅力の1つでもある金利について解説していきます。

 

 

不動産担保ローンは不動産を担保にしますので大きな金額を借りられるばかりでなく低金利で借りることができます。

 

 

ただしカードローンとは違い借入時に手数料などの諸費用がかかります。

 

その諸費用は少額なものではなくだいたい20万円〜30万円程度かかります。

 

ですから不動産担保ローンを利用する場合は、他のローンと比較した上で決めないと低金利のメリットが吹き飛んでしまう可能性がありますので覚えておいてください。

 

不動産担保ローンのメリットとも言えるのが低金利で融資を受けることができることです。

 

不動産担保ローンは所有している土地や建物など不動産を担保にして、お金を借りるローンです。

 

担保を提供することで低金利で高額なお金を借りることができます。

 

担保というのは、「もしも返済が滞っても確実に貸付金を回収できる」という保証になります。

 

つまり、お金を貸す側の回収不能になるリスクがなく、その分低金利で担保の価値に見合ったお金を貸し付けることができるというわけです。

 

土地や建物は高額ですから借りられる金額が高額になるのも納得がいきますね。

 

 

不動産担保ローンは銀行、労働金庫、不動産関係融資専門のローン会社など様々な会社にて取り扱いしています。

 

そして金融機関の不動産担保ローンによって金利が異なってきます。

 

ですからいろいろと比較した上で不動産担保ローンを利用する方がいいのです。

 

 

具体的に不動産担保ローンの金利はいくらぐらいなのでしょうか?

 

個人向けの融資としてお馴染みのカードローンの最高金利は年17〜18%が相場といわれています。

 

これに対して不動産担保ローンの金利は下限金利で1%を切るところも多いです。

 

そして上限金利でも10%を切るものが殆どです。

 

 

 

如何に不動産担保ローンの金利が安いのかが分かりますね。

 

そして融資金額が高額になるほど金利も低くなります。

 

 

 

例えば東京スター銀行の不動産担保ローンであれば最高融資限度額は市屋苑となります。

 

市屋苑まで借りることができれば金利は1%を切ります。

 

ただしだれでも1億円までお金を借りられるわけではなく、融資金額というのは担保にする土地や建物など不動産の価値によって決まりますのでその点は注意してください。

 

そして不動産評価額7割が融資の条件額になるのが一般的です。

 

 

 

不動産担保ローンは低金利でお金を借りることができます。

 

金利が低ければその分月々の返済は楽になります。

 

そして不動産担保ローンは基本的に使い道が自由ですのでこの低金利であることを活かしておまとめローンとして利用するのもお勧めです。

 

金利負担が減ればその分月々の返済が楽になるのはおわかりいただけるかと思います。

 

 

 

まとまったお金を借りるのが難しいと思っている方に活用してほしいのが不動産担保ローンです。

 

不動産担保ローンならまとまった金額を低金利で借りることができます。

 

ただしいくら低金利とはいえ不動産担保ローンは登記費用や事務手数料がかかります。

 

それらの費用は数万円ではなく数十万円からとなりますので場合によっては低金利のメリットが吹き飛んでしまう可能性もあります。

 

ですからそれらのことも考慮してより低い金利で借りられる不動産担保ローンを選ぶようにしてください。

 

 

 

 

 

不動産担保ローン の必要書類について

 

 

不動産担保ローンに申し込むときにはどのような書類が必要となるのでしょうか。

 

不動産担保ローンに限らず、ローンに申し込みする際は必ず提出する書類があります。

 

そして必要書類はローンの種類によってことなり、その中でも不動産担保ローンは提出する書類が多いです。

 

今回は不動産担保ローンの必要書類について解説していきます。

 

 

 

不動産担保ローンで必要となる書類は2つに大別されます。

 

まず担保となる不動産を審査するための必要書類、そして不動産担保融資を申し込む本人のことを審査するための必要書類となります。

 

不動産担保ローンに限らず、借り入れ契約の申し込みをしてきた人と締結を行う場合には、貸金業者に対して申込者の返済能力の調査を義務付けられています。

 

 

 

不動産担保ローンの場合申込者の返済能力には、不動産の担保価値も上乗せされます。

 

また必要とある保証人や連帯保証人の返済能力の調査も必要となります。

 

 

 

不動産担保ローンに申し込み行い仮審査を通過すると、本審査に入るために金融会社に対して必要書類を提出します。

 

提出した必要書類は不動産担保ローンの鍵に関係なく返却はされません。

 

 

不動産担保ローンでは審査に必要なものと、融資が決まってから必要なものがあります。

 

融資契約時の必要書類としては、権利証又は登記識別情報通知書、印鑑証明書の登録印(実印)、印鑑登録証明書、家族全員が記載された住民票などが必要とされています

 

不動産担保ローンの必要書類は銀行とノンバンク系で異なります。

 

また融資の方法によっても必要書類が異なってきますので十分に注意してください。

 

不動産担保ローンの審査で必要となる書類は主に不動産を鑑定するための資料です。

 

物件の案内図や不動産登記簿謄本の登記事項証明書、構図、地積測量図、建物図面となります。

 

これらは法務局にて取得することができます。

 

このほかにも融資の条件によっては必要となる書類があります。

 

申込者自身の必要書類としては、他社から借り入れがある場合は借入金返済予定表、借入金残高証明書、償還予定表、申込者が外国人の場合は外国人登録原票記載事項証明書なども必要となります。

 

担保物件となる不動産の必要書類は、前年度の固定資産税の証明書または納税通知書、固定資産税評価証明書や建物の建築確認通知書などを用意します。

 

不動産担保ローンを購入目的で利用する場合は、売買契約書や重要事項説明書などの契約書類のすべてをコピーしなければいけません。

 

またアパートなどの収益物件に関しては賃貸借契約書や重要事項説明書などの契約書も必要となります。

 

不動産担保ローンを事業資金目的のために利用する場合は必要となる書類がまた違ってきます。

 

また個人事業主と企業とでは必要書類に多少違いがあります。

 

まず担保となる不動産関連の書類としては不動産登記簿謄本(土地、建物)、構図地積測量図、建物図面、住宅地図などです。

 

つぎにローン申請者に関する恋する書類です法人の場合は商業登記簿謄本、代表者の本人確認書類(運転免許証、パスポート、健康保険証などです)。

 

 

 

最後に収入証明書類です。

 

これは決算書や確定申告書などで問題ありません。

 

収入証明書は直近のものでなければ有効とされません。

 

またローン会社によっては3期分必要となることもありますので注意してください。

 

 

 

不動産担保ローンでは必要書類が無担保ローンに比べかなり多いです。

 

1つでも書類に不備があれば申し込みはできませんので、事前に準備しておくことで融資までの時間を短縮することができます。

 

書類に不備があればその分時間をとられてしまいますので、どんな書類が必要なのか良く確認した上で申し込みするようにしましょう。

 

不動産担保ローン の返済方法は?

 

不動産担保ローンではどのような返済方法があるのでしょうか?
ここでは不動産担保ローンの返済方法について見ていきましょう。

 

不動産担保ローンの返済方法は様々です。
一口に返済方法といっても、不動産担保ローンを扱っている金融機関や金融業者によって違いがあります。
ですから不動産担保ローンを組む業者選択の比較検討ポイントとして返済方法も加えておきたいところです。
では返済方法について見ていきましょう。

 

不動産担保ローンの返済方法でよく用いられているのが「元金均等返済」です。
元金均等返済とは、元金と利息の割合を調節し毎月の返済額を同額に設定するという返済方法です。
返済期間中に返済額が変わりませんので当初の計画どおりに返済していくことができるというメリットがあります。
逆にデメリットとしては、例えば事業者が不動産担保ローンを利用していた時に、毎月の返済額が一定となると業績が良い時も悪い時も同じ額の計同じ額を返済しなければいけませんので債務不履行になるリスクが生じます。

 

不動産担保ローンでは残高スライド式リボルビング払いという返済方法もあります。
元金均等返済は毎月の返済金額を同額に設定するというものでしたが、残高スライド式リボルビング払いは、債務の残高が減少するとそれに合わせて利息分が減少するという支払い方法です。
元金の返済額は毎月一定額となります。
ですが利息分は債務の残高に対して発生しませんので徐々に減っていきます。
残高スライド式リボルビング払いは、返済当初は毎月の返済額が大きくなり負担も大きいといえますが、返済していくことで返済総額が減っていきますので、安定した収入を得ている方にとっては非常に適した返済方法といえます。

 

不動産担保ローンでは自由返済という返済方法もあります。
自由返済とは、毎月の最低返済額を決めておき、月々の支払いの際にその最低返済額を上回る金額であればいつでも支払っていいという返済方法です。
そして最低返済金額との差額が大きければ大きいほど元金もどんどん減っていくという仕組みです。

 

最後に利息払い関係一括返済です。
この返済方法はあらかじめ元金の返済期限を設定しておき、元金に関しては期日までに一括返済するということを条件としている返済方法です。
そして返済期限までに利息分だけを月々に支払っていくという方法です。
利息払い関係一括返済は主に、投資目的などで不動産担保ローンを利用する場合に、短期間で投資した分を回収できる際に利用されることが多いです。

 

不動産担保ローンで借り入れたお金の返済は毎月決められた金額を支払っていくというのが基本です。
ですが資金に余裕ができたりまとまった資金を確保できた場合は、繰り上げ返済をすることができます。

 

繰り上げ返済はローン会社に伝えることで手続きが可能となります。
繰り上げ返済によって支払った計お金は全て元金返済にぎゅっとされます。
繰り上げ返済をすることで元金の減りが早くなり、これによって当初予定していたよりも早く完済に近づけることができます。
ただし繰り上げ返済時には手数料がかかる場合があります。
手数料額はカードローンローン会社によって異なりますので繰り上げ返済する前に必ずいちど確認してください。

 

不動産担保ローン会社によってはホームページにて返済シュミレーションを設けているところもあります。
不動産担保ローンを利用する前に返済額や借り換えの資産をすることができます。
シュミレーションは非常に簡単で年利率、借入希望額、返済期日、毎月返済額、ボーナス加算額など簡単な入力のみですぐに返済シュミレーションをすることができます。
また返済一覧表設けているところもありますので自分が希望する金額で借りた場合毎月いくらの返済になるのか一目で分かるようになっています。
借り入れ申し込みをする前に返済計画を立てる上で非常に役立ちますので利用してみてください。

 

 

不動産担保ローンは即日融資はできる?

 

 

不動産担保ローンは即日融資が可能なのでしょうか?
今回は不動産担保ローンの即日融資と申し込みから融資までの時間について解説していきます。

 

即日融資というとノンバンク系である消費者金融が提供する、カードローンやキャッシングなどをイメージされる方が多いのではないでしょうか?
カードローンやキャッシングは担保も保証人も不要となりますので、準備する書類や手続きが非常に簡単ですので申し込んだその日にお金を借りることも可能です。

 

一方で不動産担保ローンの場合は担保となる土地や建物など不動産を調査する手間や時間がかかりますので基本的には即日融資が難しいと言われています。
カードローンやキャッシングは担保がありませんので、申込情報を入力するだけで機械が自動的に審査してくれるスコアリングシステムというものがあります。
これによって審査にかかる時間はたったの30分で済むこともあります。
ですが不動産担保ローンの場合不動産の担保価値を評価しないことには融資限度額を決めることができません。
そしてこの担保評価に手間と時間がかかりますので早くても3営業日程度はかかると思ったほうがいいです。

 

不動産担保ローン扱うのが銀行系かノンバンク経過でも融資にかかる時間は異なります。
基本的に銀行系の不動産担保ローンは融資実行までに時間がかかることが多く、逆にノンバンク系の方が融資は早いという傾向にあります。
実はノンバンク系のなかには、即日融資可能な不動産担保ローンを歌うところもあります。
ですが本来は不動産担保ローンというのは、担保にする不動産の価値を審査してから融資限度額や返済計画を立てます。
ですからそのための審査や準備期間が必要となりますので、即日融資が可能な不動産担保ローンにはいくつかのデメリットがあることを覚えておきましょう。

 

即日融資可能な不動産担保ローンで考えられるデメリットは主に4つあります。

 

まず1つ目に通常の審査の融資より金利が高めに設定される可能性があるということです。
不動産担保ローンの魅力と言えば低金利で借りられることにありますが、即日融資で借りる場合は通常よりも高めの金利が設定されることになる場合があります。

 

2つ目に急いで審査するため不動産価値を低く見積もられがちです。
乱暴に言ってしまえば適当に審査されてしまうということです。

 

そして3つ目に必要書類を早めに準備しなくてはいけないということがあげられます。
不動産担保ローンで融資を受ける場合提出する書類が無担保ローンに比べかなり多いです。
例えば不動産登記簿謄本、構図、地積測量図などは管轄する法務局にて取得しなければいけませんので面倒といえます。

 

そして4つ目に即日融資可能と謳っている不動産担保ローンでも条件があることです。
担保にする不動産が会社の近隣地域だった場合のみという業者が多いです。
つまり近隣地域でない場合は不動産担保ローンで即日融資を受けることはできないということです。

 

このように即日即日融資と言いながらも前提条件すべてを満たしていないとその日に借りられないという業者が非常に多いです。
そして即日融資の不動産担保ローンは本来ある不動産担保ローンのメリットを享受できない可能性が高いですから十分に注意してください。
つまりすぐにでもお金が必要だからといって、即日融資という言葉に食いついてしまうと不動産担保ローンでも損をしてしまう可能性があるということです。

 

急ぎでお金が必要という場合は、まず無担保ローンで即日融資を受けてみるといいです。
特にノンバンク系が提供するカードローンは即日融資に強いですから申し込んだ当日にお金を借りられる可能性が非常に高いです。
そしてその1週間後ぐらいに不動産担保ローンの審査結果が出ているはずですから、不動産担保ローンで借りたお金で無担保ローンの返済を完済するというのがお勧めです。
この方法なら即日融資での借り入れができますし、高金利の無担保ローンの借り入れ期間も短いので利息もほとんど払わなくてすみます。

 

 

不動産担保ローン の在籍確認について

 

 

不動産担保ローンでも審査時に在籍確認は必ず行われるのでしょうか?
在籍確認では本人が申し込んだかどうか、勤務先の記入に嘘がないかどうかを確認するために行われます。
今回は不動産担保ローンの在籍確認について解説していきます。

 

不動産担保ローンを利用していく上で、当然ながら在籍確認は必要となります。
在籍確認の方法は金融機関によって違いますが、基本的には勤務先に電話連絡をして確認を取ります。
なかには勤務先に電話をしてほしくないという方もいます。
勤務先に諸事情知られたくないという理由でそのような要望を伝える方も少なくありません。
この場合の対応は金融機関によって異なりますが、中には書類にて在籍確認を取ってくれるところもあるようです。

 

初めて不動産担保ローンに申しこむ方にとって在籍確認はとても不安なものかもしれません。
不動産担保ローンといっても結局のところ借金に変わりはありませんので、職場の人たちに知られるのは避けたいところですよね。
ただ勤務先に電話がかかってくるからといって、職場の人たちに借金バレするのを覚悟しなければいけないというわけではありません。
金融機関も申込者の諸事情をきちんと理解してくれていますので細心の注意を払って在籍確認の電話は行われます。

 

では具体的に在籍確認の電話はどのようにして行われるのでしょうか?
また職場にバレないための工夫とは具体的にどのようなものなどでしょうか?

 

まずほとんどの金融機関では電話にて会社名を名乗ることはありません。
基本的に担当者の個人名で電話をかけてきますまた金融機関によっては非通知で電話をかけてくれるところもあります。

 

金融機関「もしもし、田中ですが、鈴木さんはいらっしゃいますか?」
本人「私ですが」
金融機関「ご本人様で間違いないでしょうか?この度は当社の不動産担保融資にお申し込みいただきありがとうございます…」

 

電話の内容は金融機関によって異なりますが、基本的には上記のような感じで在籍確認は終了となります。
金融機関によっては電話にて申込者本人に対し生年月日や氏名住所を聞かれることもあります。
在籍確認の電話では基本的に担当者の個人名を名乗ります。
銀行から電話があったとなればローン関係かなと感づいてしまう方もいるからです。

 

ただ銀行の場合は様々な商品を扱っていますので、銀行からの電話というだけでローン関係と感づかれる可能性はそこまで高くないといえます。
逆に消費者金融からお電話となればすぐにローン関係と感づかれてしまうでしょう。
ですから消費者金融系の場合は絶対に会社名を名乗りません。

 

在籍確認はあくまでも申込者本人がその会社に在籍しているという事実を確かめるためにあります。
ですから在籍確認の電話では申込者本人が絶対に電話に出なければクリアできないというわけではありません。

 

金融機関「もしもし田中ですか鈴木さんはいらっしゃいますか?」
続きは現在営業で出ております
金融機関「さようでございますか。では本人の携帯にかけてみます。失礼いたしました」

 

上記のように外出していて電話に出られない場合でも、職場の従業員がその旨を伝えてくれれば在籍確認は終了となります。
場合によっては電話に出た人が伝言するために用件を聞くこともあるかもしれませんが、その場合でも決して伝えることはありませんので安心してください。

 

不動産担保ローンに限らず基本的にローンでは必ず在籍確認が行われます。
勤務先に電話がかかってくるから不動産担保ローンを利用するのはやめておこうと思う人もいるかもしれませんがそこまで神経質になる必要はないでしょう。
大抵の金融機関は職場へ電話をかける時は会社名ではなく個人名で電話をかけてきます。
また要件を聞かれたとしてもうまくごまかしてくれますので職場の人たちにばれる可能性というのは低いのです。

 

 

 

不動産担保ローン は土日は借りれる?

 

 

不動産担保ローンは土曜日や日曜日、祝日でも利用することは可能なのでしょうか。
ローンの利用は平日のみというイメージが強いですが実際のところはどうなのか気になるところです。
今回は不動産担保ローンの土日祝日の利用について解説していきます。

 

仕事をしていて休みは土日のみという方は少なくありません。
多くの企業は平日が営業となっており、土日祝日は休みという勤務体制をとっているところがほとんどです。
そのため平日はなかなか時間が取れず、土日祝日にしか不動産担保ローンに申し込みができないという方も多いです。
しかし土日祝日に休みとなる金融機関では申し込み自体ができるのかどうか気になるところです。

 

不動産担保ローン扱っているのは銀行系ですと基本的に土日祝日は定休日となりますので、申し込み手続きを取ること自体ができません。
これに対し消費者金融などノンバンク系の業者ですと、土日祝日でもインターネットから申し込みができる不動産担保ローンを取り扱っているところもあります。
インターネット申し込みなら24時間365日いつでも利用することができます。

 

24時間365日申し込みできるとなると、土日祝日でも不動産担保ローンで融資を受けることができると思っている方は意外と多いのではないでしょうか?
ですが不動産担保ローンの場合融資方法は基本的に銀行振り込みとなります。
銀行振込ということは銀行が営業していなければ当日中に反映されません。
土日祝日でも営業している銀行というのはなかなかありません。
ネット銀行であれば土日祝日でも利用することはできますが一般の銀行や地方銀行ですと、土日祝日は休日となりますので仮に振り込み手続きをしたとしても当日中に入金が反映されることはありません。

 

不動産担保ローンを取り扱っている金融機関は銀行の営業日に準じていることが多いです。
ですから基本的に営業時間は月曜日から金曜日の平日のみとなっているケースが多いです。
ただ業者によっては事前に電話相談などで土日祝日でも申し込み対応してくれるところもあります。
ですが先にも申し上げた通り融資方法は口座振り込みとなりますのでそもそも銀行が休みの日ですと当日中に入金反映されることがありません。

 

土日祝日中にどうしてもお金が必要となった場合どうすればいいのでしょうか?
不動産担保ローンはそもそも融資に時間がかかりますので、当日中に申し込みをして融資を受けるということ自体が難しいです。
もし必要なお金の金額が少額であれば無担保ローンで借り入れを検討してみるのがいいでしょう。
無担保ローンであれば手続きに時間もかかりませんので即日融資も可能です。
そして大手の消費者金融であれば土日祝日でも営業していますので即日融資できる可能性が高いです。

 

そしてここでポイントとなるのが無担保ローンと不動産担保ローンもいっしょに申し込みをしておくことです。
というのも無担保ローンは金利が高いですから利息負担が大きくなってしまいます。
不動産担保ローンはノンバンク系であれば申し込みから1週間程度で融資が実行されることが多いです。
ですから先に無担保ローンでお金を借りて、不動産担保ローンの融資が実行されましたらそのお金で無担保ローンの完済をしてしまえばいいのです。
これであればたとえ高金利である無担保ローンでも利息負担は少なくてすみます。

 

不動産担保ローンを土日祝日に申し込みすることは不可能ではありませんが、融資をうけることはほぼ無理と言って良いでしょう。
どうしても当日中にお金が必要な場合は、ノンバンク系のローンと上手く組み合わせて借り入れすると良いでしょう。
また不動産担保ローンは基本的に融資までに時間がかかりますので、できるだけ早く借りたいのであれば早めに申し込みを済ませておくようにしましょう。

 

不動産ローンの借入額について知っておいてください

 

不動産を担保としてローンの借り入れを行う場合、融資可能な金額の計算はどうなるのでしょうか。不動産を担保にしたローンでは、借り入れ金額が担保にした不動産の評価額に左右されがちです。

 

担保に利用した土地、建物、マンションなどの評価額の7割が融資を受けられる金額の上限のようです。建物でも古すぎる場合などは、評価額から建物の取り壊しの諸費用を引いて評価額とする時もあります。

 

融資の金額は、同じ不動産担保ローンでも、どんな金融機関から借りたかによって貸付条件が変わることもあります。借り入れる際はその辺をきちんと話し合っておいたほうが良いといえます。

 

ローンの担保に不動産を利用する場合、返済途中に不動産の評価額が下がってしまうと、追加の担保が必要になるかもと考える人もいます。近年では、不動産が景気の低迷などで下がることもあります。

 

一時期は高騰していた不動産でも、時には大幅に下がることもあるでしょう。不動産担保ローンでお金を借り入れて、月々の返済も遅延などもなくきちんと返済しているならば、普通は追加の担保が要求されることはありません。

 

幾らの評価額の不動産を入れると、どのくらいの融資が受けられるかは、傾向があります。不動産価格が下がっている時には、ローン借り入れ金額が少なくなってしまうというデメリットがあります。

 

不動産ローンの注意

評価額の高い不動産を所有している人にとっては、不動産担保ローンは使いやすいものでしょう。低金利で、返済までの時間が多少長くなっても大丈夫な、とても借りやすいローンです。

 

ローン融資を受ける時に不動産を担保にしていると、万が一の事態などでお金が返しきれなくなった時に困った事になります。借り入れの際に担保とした不動産物件が売却されて、借り入れたお金の返済に補填しなくてはならない状況に陥る可能性があります。

 

融資の返済がきちんとできていればいいのですが、例えば自分が今住んでいるところを担保にした場合、現在の住まいを失うことにもなりかねないというわけです。最悪の場合は、自分の持ち家や土地などを取られてしまう可能性があるのです。

 

かつて、不動産を担保にした時でも金利が高い時がありました。結果的に、返済が難しくなった人が大勢出現して、問題視されたということがあります。間違いなく借りたお金をしっかり返済できるように、不動産担保ローンを利用する時は、お金のやりくりをしっかり考えていきましょう。

 

不動産担保ローンは借り入れる会社によって条件等がかなり違ってきます。あらかじめ、複数の不動産担保ローンの条件をよく調べることで、条件のいいところや、借りやすいところを探します。

 

金利などの各種条件を比較検討して、借り入れの目的に合った不動産担保ローンを選択していただきたいものです。